ミネラルウォーターの今と昔。

私の学生時代は、ミネラルウォーターを買って飲む、という習慣がありませんでした。
水なら家で飲めるし、わざわざ買ってまでは飲まない、という感覚だったと思います。

ところが時代は変わり、社会人になってくらいからでしょうか。

学生時代は甘い飲み物をよく購入していたのですが、甘い飲み物は飲んだ後に結局甘さで喉が渇いてくるのが気になりだし、飲んだ後に喉が渇かず、むしろ潤してくれる、口の中がベタベタしない、口が臭くならないように、ノンシュガーのお茶やミネラルウォーターを選ぶようになりました。

最初のうちは、ミネラルウォーターの軟水・硬水の違いなどの知識もありませんでしたので、何を買ってよいかわからず、とりあえず適当に目についたものを買って飲んでみるうちに、自分には合わなくて、飲めない銘柄が硬水であることを知りました。

昔、運悪く運転が下手なタクシーに当たってしまい、乗り物酔いをして、途中下車して水を飲んですっきりしたいと思い、自動販売機で買ったのが硬水で、飲んだら余計に具合が悪くなったこともありました。

硬水の方が、ダイエット効果もあるといいますし、本当は硬水も飲みたいのですが、身体が受け付けないので仕方ないですね。

ミネラルウォーターのこと

一度飲み始めるとやめられなくなるのが、ミネラルウォーターだと思います。料理はもちろん、お米を洗う時にもミネラルウォーターを使っています。

昔は、スーパーからペットボトルで購入し、重たいのを持ち歩いていましたが、今では定期的な宅配や、インターネット通販で購入できるようになり、かなり便利になりました。

ミネラルウォーターには、種類があり、軟水と硬水があります。料理や炊飯では、軟水を使うと美味しくできると思います。

国産のミネラルウォーターは、ほぼ軟水か軟水に近く、外国のミネラルウォーターは、ほぼ硬水です。

自宅では、軟水のミネラルウォーターを飲み、外出時には、硬水のミネラルウォーターを飲んでいます。

最近、近くのスーパーがレジ清算脇に、ミネラルウォーターがスーパーの会員であれば、無料でもらえるサーバーがあり、時々利用しています。

お財布に優しいサービスなので、気に入っています。

外出時は、エビアンなどの外国産ミネラルウォーターを購入しています。ミネラルが入っていると、適度にお通じを刺激してくれる効果があるので、よく利用しています。ボトルが小さいのも、持ち運びに便利で助かっています。

ミネラルウォーターは、本当に種類が多いので、自分に合ったものを選ぶと良いと思います。

ミネラルウォーターの効果的な摂取方法

ミネラルウォーターはよく、体に良いと言われますが、その体に良いミネラルウォーターを、より効果的に摂取する方法があります。

一日に、2リットルのミネラルウォーターを飲むと、体の代謝がとてもよくなり、自然と体の調子も良くなるそうです。

その際の、効果的な摂取方法ですが、まず、朝、起きたらすぐに摂取します。
できれば、午前中のうちにできるだけたくさんの量を摂取することをお勧めします。
なぜなら、午前中というのは、体の排出機能がとてもさかんな時間帯であり、代謝がものすごく活発になる時間帯だからです。

そのため、午前中に摂取したミネラルウォーターによって、どんどん排出に力を入れてくれ、無駄なものを排出することができます。体内の排出がさかんになることにより、お肌の調子が良くなります。

そして、一日の生活の中でも、意識してミネラルウォーターを飲むようにすることはもちろんですが、さらに効果的なのが、夜、お風呂あがりにもやはり大量に摂取することです。

お風呂で失った水分を補給する役割に加えて、睡眠中の消化や排出準備を助けてくれる力もあるからです。

以上がミネラルウォーターのより効果的な摂取方法となります。ぜひ実践されて見てください。

一家に一本は必需品?

ミネラルウォーター、、、販売当時は水にお金を出す?だれが買うの?と不思議に思っていました。
しかし、今やミネラルウォーターは巨大市場となっていますね。

販売側の戦略、戦術がすごくよかったのでしょう。

日常的に飲用する以外も災害用としてもミネラルウォーターは有効ですよね。
震災後に非常持ち物として我が家にも1本置いてあります。

普通水は3,4日すれば腐りますが、ミネラルウォーターは腐りません。
これはすごいことだと思います。

なにかあった時の備えと思えば、安心できます。
しかし、水について詳しく勉強していくとミネラルウォーター=健康みたいなイメージがありますが、あまり関係なさそうですね。

まず1点目が浄水器やアルカリイオン整水器との比較についてです。
水道水の中には酸素が含まれていて、浄水化しても酸素は残っています。
”生きている水”なんて表現もするみたいですね。

しかし、ミネラルウォーターには酸素は含まれていない様子ですね。
人間には酸素が含まれた水の方がどうも合うようですね。

2点目がミネラルといっても思ったよりミネラル(カルシウム分)はないようですね。

野菜や魚などから摂取しないと水だけでは全然足りないみたいですね。

CMや広告のイメージだけで消費するのではなく、本質追及して生活するとより安心して暮らしていくる?かもしれないですね。

宅配水を使えば美味しい水が飲める

海外の水道水はそのまま飲み水として使うには食中毒やその他の伝染病などお腹を壊してしまう可能性もあり、あまり適していませんが、日本の水道水は安全なため直接飲んだとしても全く問題はありません。

しかし、いくら安全とは言っても味のことを考えるとミネラルウォーターを選ぶ人が多いのではないでしょうか。美味しい水を飲むために毎回毎回ミネラルウォーターを買っていたら費用も手間もかかってしまいます。そこで活躍するのが宅配水です。宅配水を自宅に導入すれば、いつでも気軽に美味しい水が飲めるようになります。

ミネラルウォーターの味にこだわりを持っているという人でも、最近では宅配水の水も色々なものから選ぶことが出来ますから、自分好みの水を見つけていくと良いでしょう。

いきなり契約してしまって好みに合わなかった…ということではもったいないので、水の種類や産地などをきちんとチェックしたり、まずはお試しで使ってみるというのも良い方法です。

宅配水と水道水の飲み比べ。

宅配水と水道水がどう違うのか、実際に飲み比べてみました。
水道水と宅配水を透明なコップに入れて飲み比べてみます。やはり見た目では違いがわかりません。

次に匂いを嗅いでみます。水道水の方はいわゆるカルキ臭というものでしょうか、ちょっと薬品ぽいような匂いが少しだけします。それに比べて宅配水の方はどうでしょうか、ほとんど匂いは感じません。

では実際に口に入れてみます。口に入れた途端、違いが歴然でした。
水道水は鼻で嗅ぐのとは比べ物にならないほどカルキ臭がしてきます。口から鼻に抜けるときの匂いとはこんなに違うのかとびっくりするほどです。

それにひきかえ宅配水の方は無臭。嫌な匂いが全くしません。

最後にどちらの水も一度沸騰させて冷ましてから飲んでみます。すると宅配水の方は特に変わりはなかったのですが、水道水の方はカルキ臭がかなり薄まり飲みやすくなっていました。

飲み比べて思ったのは料理などに使うのは水道水でもいいが、飲料水として飲むなら宅配水の方が間違いなくいいということです。

沸かさずにお湯が出てくる便利なウォーターサーバー

だいぶ昔ですが、ウォーターサーバーを無料でお試しできるキャンペーンで飲んでみた事があります。
妊娠中の人は無料でボトル5本分試せるというもので、飲んでみたいなと思い、応募しました。

妊娠中はよく喉が渇き、水分補給ためによく飲んだりしていました。
冷たい水と、暑いお湯がそれぞれのコックから出てきて、手軽に飲めるという所はとても良かったです。

あったかい物を飲みたいと思った時にいちいちお湯を沸かさなくても良いので、コーヒー、紅茶やインスタントのスープなどすぐに作れました。
また妊婦は体を冷やさない事が大事でしたので、朝起きて、まず白湯を飲むのにとても便利でした。

温度は沸騰したお湯ではなく、70度くらいのお湯でした。

ウォーターサーバーの会社の人の話によれば、カップラーメンも作れるそうです。
また冷たい水も暑い夏には良かったです。
旦那は仕事から帰ってきてウォーターサーバーの冷水を飲んでいました。

氷を入れて冷やす必要もなく、冷たい水がすぐに出てくるのはとても良いと思います。

気になるのは、それらをずっと保冷、保温しておく電気代です。
水を腐らせないために一日中コンセントにつないだままですので、電気代が少しかかってしまいました。

ウォーターサーバーのデメリット

綺麗で安全な美味しいお水がいつでも自宅で飲めると人気のウォーターサーバーですが、上記でも言ったとおり、デメリットももちろんあります。ウォーターサーバー歴5年の私がデメリットをご紹介します。

まず言えるのは場所を取ることですね。我が家はキッチンの脇に設置しているのですが視界が狭くなりました。

二つ目は電気代が高くなることです。常に冷水と熱湯を常備しているわけですから一日中電気代がかかります。

マンションの我が家の場合ですが電気代は月にプラス1000円かかっています。

三つめは水ボトルの交換が面倒なことです。男性の方なら大した負担ではないのかもしれませんが水に気を遣うのは大抵女性です。

女性に12キロもの水ボトルを定期的に交換しろというのはなかなかに酷です。人によっては持ち上げることすら無理な重さなんじゃないでしょうか。

あまり変わらないお値段で好みのミネラルウォーターを買ってきて、ポットなりヤカンなりで必要な時だけ沸かすのでも代用はききます。

契約の際にはこれらのデメリットを考慮することをおすすめいたします。

それでも便利な宅配水

浄水技術の進歩により、東京の水道水がペットボトルで売り出されている昨今。昔とは違い、水道のお水を安心して美味しく飲むことができます。

しかし私は、未だに水道水に抵抗があります。以前、水道の蛇口に錆がたくさん溜まっている画像を見たことがあるのです。

例え浄水技術が発達しても、築浅の物件にでも住んでいなければ蛇口はそのままでしょう。そんな不安があり、ミネラルウォーターの宅配をずっと利用しているのです。

私が考える宅配水のメリットは、大きく分けて2つあります。まず1つ目は、重い水を玄関先まで運んで貰える点です。ネットで注文すると、翌日の指定時間には自宅へ届けてくれる業者もあります。

2つ目のメリットは、震災などの災害で水道が使えなくなった時です。日頃から宅配水を利用していると、注文回数を減らすために数日間もつ量の水を注文します。災害時にとにかく困るのが水なので、日頃から宅配水を利用しストックするのは非常に良いことです。

もちろん購入費用がかかりますし、ストックするスペースも必要です。しかし私は、それでも宅配水を利用するメリットの方が大きいと感じています。

宅配水は今の時代にあったシステム

最近、宅配水を利用している施設をよく見かけます。
私が通うクリニックなどはそうですね。
個人宅でも宅配水を利用している人が増えているらしいです。

都市圏に住んでいる方なら分かると思いますが、水道水は臭いがして飲みにくいですよね。

なのでミネラルウォーターを購入する人が増えています。
ペットボトルで購入していると、あっという間になくなります。
しかも重たいので、頻繁に購入するのは負担になりますよね。
家族の多い家庭だとなおさらです。

そういう方々にこそ、宅配水を利用してもらいたいですね。
ウォーターサーバーを設置しておけば、気軽に利用できます。
品質も高く安全な水を飲むことができます。

何より、スーパーに水を買いにいく手間が省けるのがいいですよね。
今は様々なメーカーが宅配水を取り扱っています。
サービスなども各社で違いますので、インターネットなどで調べて比較してみてはいかがでしょうか。

便利な世の中になったものです。
今後もどんなサービスができるのか楽しみです。